###耐久テスト:endurance testing 活字にインキを付けて押して印刷するため、負荷がかかり 活字は少しずつつぶれてしまう。 加工しやすいということは、同時に、印刷時の加重によって変化しやすい、ということでもある。 紙でできているかぎり、この変化は否めない。 40回程度印刷をすると、右図のようにつぶれてしまう。 また、つぶれてきた活字の印刷面を同じ高さにするために、微細な調整になるが活字の下に紙を敷いて、高さを揃える必要がある。 この問題を解決するために圧力を調整した小型の印刷機や活字の改良がはじまる。