###発想の起源:woodtype 木活字を使って印刷したときに1つだけおおきな亀裂のはいっているものがあった。「そんな活字だとせっかくのデザインがよくないね」といわれたときにタイポグラフィについても未熟だったし使えなくなった活字を見ながらお互い未完成だねとおもった。 偶然にも、キズが入っている活字の持っている個性を発見した。 活字面に均一にインキがのらないことと同じように、印刷できないことは活字として失格なのだけれど、そこにはかけがえのない美しいものがあった。 そのことがあって、「木活字にインキを塗布する方法によって別の印象を与えることができるのではないか」と考え、実験をはじめた。 木の活字にキズつけてしまっては何度も使用、実験できないため もっと簡単に活字面にたくさんのバリエーションで表情を持たせる方法はないだろうか… これがこのプロジェクトの発想の起源となった。